FC2ブログ

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
06 /22 2019

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリックです。SSRI抗うつ剤と呼ばれ副作用を抑えた第3世代お薬です。うつ病・抑うつ状態・パニック障害・全般性不安障害など症状に効果的で、うつ病の再発防止にも効果があります。レクサプロは、副作用を抑え服用後の効果が短時間で見られることが人気の理由です。

レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

スポンサーサイト



サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
06 /22 2019

サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

国内2番目のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)です。
セロトニン系とノルアドレナリン系の神経に働きます。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口渇や、便秘などの副作用が軽減されているのです。

治療効果は他の抗うつ薬の効能とほぼ同じです。相似品として、ミルナシプラン(トレドミン)とベンラパキシン(イフェクサー)が発売されています。効果はまろやかで、強力とは言えませんが比較的効き方が速く、早期の治療効果が得られます。

ゆっくり、代謝や排泄されるので1日1回の服用で済むので飲み忘れが少ないのも利点だと言えます。

うつ病治療の第一選択として、あるいは他のうつ薬で効果が不十分であったり副作用で使いにくい場合の第二選択薬として処方される機会が増えてきています。

もう一つの効能として期待されているのが、慢性の痛みに効果があります。特に、糖尿病性神経障害にともなう疼痛に対しては、国内外で第一選択薬として推奨されています。高血糖がおきると、神経細胞の働きがおかしくなって、手足がしびれるなどの持続した痛みが続きます。

サインバルタは、痛みが持続する糖尿病性神経障害にともなう疼痛をやわらげてくれます。

さらに、慢性腰痛症と線維筋痛症に対する効能も追加認証されました。

抗うつ作用として、脳内の2つの神経伝達物質セロトニンとのるアドレナリンの再取り込みを阻害します。この結果、脳内シナプス間隙におけるその濃度が高まり神経の伝達がよくなります。セロトニンの増加は不安をやわらげ気分を楽にし、ノルアドレナリンの増加は意欲を高めると言われています。

また、鎮痛作用も期待できます。痛みを抑える神経として、下行性疼痛抑制神経には、ノルアドレナリン作動性神経とセロトニン作動性神経の系統があります。サインバルタは、2つの神経機能を高めることで、一次求心性神経から二次求心性神経への痛みの伝達を抑制するのです。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
06 /22 2019

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2~3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30~50日分となります。

ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1~2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
06 /22 2019

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2~3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30~50日分となります。

ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1~2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
06 /22 2019

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2~3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30~50日分となります。

ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1~2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

jplove581

FC2ブログへようこそ!