FC2ブログ

腸ケア|オーガニックインディア

消化器疾患
08 /02 2019

腸ケア|オーガニックインディア

腸ケア|オーガニックインディア


腸ケアは胃腸の健康に特化したアーユルヴェーダサプリメントです。
胃腸の健康を守り、胃腸の不調・トラブルを防止してくれます。

有効成分としてバエルの葉・chandrashoorの種子・オオバコなどの優れた効能を持つアーユルヴェーダハーブが配合されております。これらのハーブは5000年以上も前から胃腸薬として用いられてきました。

腸ケアは体内に蓄積した老廃物や毒素を体外に排出する、蠕動運動を整える、消化促進などの健康効果を発揮します。快便や胃腸機能をサポートし、様々な胃腸トラブル(主に便秘、過敏性腸症候群、胃炎、消化不良など)を改善に導きます。

腸ケア|オーガニックインディア

スポンサーサイト



メチメズ(メチマゾール)5mg

消化器疾患
08 /02 2019

メチメズ(メチマゾール)5mg

メチメズ(メチマゾール)5mg


メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)5mg




メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズ(メチマゾール)10mg

消化器疾患
08 /02 2019

メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)10mg




メチメズ(メチマゾール)5mg

メチメズ(メチマゾール)5mg


メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)5mg

メサコール(メサラミン)400mg

消化器疾患
08 /02 2019

メサコール(メサラミン)400mg

メサコール(メサラミン)400mg


余分な成分が入っていないため、他の治療薬より副作用が少ないです。炎症性腸疾患治療剤の最大マーケットであるアメリカにおいて、炎症性腸疾患治療剤のシェアNo1であり、世界60数ヵ国で販売されています。

メサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。メサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo.1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

※潰瘍性大腸炎 : 潰瘍性大腸炎は、大腸の炎症により、潰瘍やびらができる疾患です。下血を伴うまたは伴わない下痢と腹痛が主な症状で、便が少しずつゆるくなり、やがて出血が現れ、けいれん性の腹痛と排便が起こるようになります。症状が重くなると、体重減少・発熱・貧血などが起こる場合もあります。

※クローン病 : クローン病は、全消化器官(口腔から肛門まで)の全域に、潰瘍ができたり慢性炎症がおきる、原因不明の疾患です。 潰瘍性大腸炎と同様に原因は不明で、遺伝や細菌・ウイルスによる感染などのほか、動物性たんぱく質や脂肪を多く摂取する食生活も関係していると考えられています。侵された部位で症状は異なりますが、腹痛と下痢が約半数の人にみられます。 けいれん性の腹痛、体重減少、出血を伴う慢性下痢、発熱、食欲不振、全身倦怠感、貧血などが数日から数週間続いたのち、症状は一旦治まりますが、これで完治したわけではなく、不規則に生涯を通じて再発します。

メサコール(メサラミン)400mg

ムコスタ100mg

消化器疾患
08 /02 2019

ムコスタ100mg

ムコスタ100mg


ムコスタ100mgは、胃炎・胃潰瘍治療薬です。

服用することで胃の粘膜を丈夫にすることができ、それによって胃炎・胃潰瘍を治療します。

ムコスタ100mgは、インドの製薬企業であるMacleods Pharmaceuticals(マクレオーズ社)によって製造・販売されています。

マクレオーズ社は1986年に設立された歴史の古い企業です。

結核治療薬や抗HIV治療薬、はたまたED治療薬など様々な優れた医薬品を製造・開発し、世界中の医療機関に提供しています。

ムコスタ100mgもそんなマクレオーズ社が製造している優れたお薬の1つであり、服用することで優れた効果を得ることができます。

ムコスタ100mgは胃酸に対する「防御因子増強薬」といわれています。

胃を守る粘液を増やしたり、胃粘膜の血流をよくしたりすることで、胃酸に対する防御機能を高めます。

傷ついた胃の組織の修復を助ける作用もあります。

胃の粘膜が丈夫になり、いわゆる胃にバリアを張ったような状態にして胃を保護します。

ムコスタ100mgは胃炎や胃潰瘍の治療だけでなく、痛み止めの副作用発症予防のためにも服用することができます。

ロキソニンやボルタレンなど一般的な痛み止めのお薬は、副作用として胃が荒れることがあります。

ムコスタ100mgは、痛み止めと一緒に併用することで胃が荒れる副作用を予防することができるため、様々な診療科で解熱鎮痛剤と一緒に処方されています。

いつも痛み止めや解熱剤を個人輸入代行サイトを利用して購入されている方で、服用すると胃が荒れやすいという方には、胃を守るためにもムコスタ100mgも一緒に購入して服用するのがおススメです。

ムコスタ100mg

jplove581

FC2ブログへようこそ!