FC2ブログ

果物や植物性由来の成分配合の飲む日焼け止め シェードファクター120錠

ビューティ-サプリメント
05 /26 2020


塗るタイプの日焼け止めが苦手な方でも日焼け対策ができる、サプリメントタイプの「飲む日焼け止め」です。
果物や植物性由来の成分が、日焼けによるシミ、そばかす、肌荒れの緩和に働きかけます。

太陽から降り注ぐ強い紫外線は、皮膚への刺激となり、活性酸素を発生させ、お肌を酸化させる原因となります。
美肌対策の天敵とも言える、シミ、そばかす、しわ、くすみ、肌荒れなどの肌の老化を早める原因となる活性酸素を抑制するためには、
抗酸化作用を含む栄養成分を体内に補うと良いとされております。

美肌対策に効果的とされるビタミンCは、紫外線対策にも欠かせない栄養素であり、その強い抗酸化作用には、日焼けによる炎症が生じたお肌の活性酸素を分解し、細胞が酸化するのを抑制してくれる働きがあるとされています。
このサプリメントに配合されているビタミンCは、イタリア半島の西南に位置し、地中海に浮かぶ島のシチリアで収穫された、ブラッドオレンジのモロ、サンギネロ、タロッコから抽出された「レッドオレンジコンプレックス」と呼ばれるエキスから作られ、一般的なオレンジに比べ、優れた抗酸化作用を持つと言われています。

また、ビタミンB3のひとつであるナイアシンアミドは、肌の新陳代謝を促して、ターンオーバーを正常化する働きや、メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防ぐなどの効果があるとされています。

紫外線を浴びると、皮膚の免疫細胞のひとつであるランゲルハンス細胞がダメージを受けて免疫防御力の低下を招き、
有害な刺激や異物(ストレス、乾燥、アレルギー物質、ウイルスなど)の皮膚内部への侵入を容易にしてしまうとされています。
さらに、紫外線には皮膚細胞のDNAに損傷を与えることも分かっており、紫外線を浴びた後の数時間後も継続して
DNAへダメージを与え続けているとされています。
近年、紫外線対策に効果があると注目が高まっているシダ科の植物、ダイオウウラボシは、抗酸化作用の他に、ランゲルハンス細胞を
保護する働きや、DNAの損傷を軽減させる効果があると言われています。
特に、紫外線によるDNAへのダメージは、皮膚がんなどの発がんの原因にもなる為、ダイオウウラボシの多岐にわたる紫外線防御効果には期待が持てます。

シェードファクター120錠
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

jplove581

FC2ブログへようこそ!